制作記録
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ロバミュージアム2015
ロバミュージアム2015」無事終了いたしました。 ありがとうございます。


http://tambourin-gallery.com/tg/2015/08/roba2015-f.html … http://fb.me/1S3SCyOm6 
 
ロバミュージアム2015


2015/07/28(火)〜08/09(日)
11:00〜19:00 <08/03(月)休廊>

参加します!!
注文の少ない料理展終了しました。
遅くなりましたが、注文の少ない料理展終了しました。

沢山の人達と過ごす一日は毎日変化しながら過ぎていったので、一日でも逃すとその時にあった貴重な出逢いや人との関わり合いを逃してしまうのを惜しいと思うくらい貴重な時間でした。

展示で関わった皆さんどの方も色々な所で活躍されててもっとじっくり深く話せたら楽しかっただろうなーと
とても魅力的な方々ばかりでした。

搬入の日は展示で知り合った2人と中華に行ってから帰宅して、

オールナイトの日はみんなで中華に行って、その後は展示で知り合った亜衣ちゃんが泊まりにきて、朝から森美術館に行って楽しかった。

次の日からは3人でガーゼのハンカチに刺繍をする青空ワークショップやったりして最高でした。

そして、自分の展示はfloatさんのギャラリーを期間中に全面使わせて頂き、個展を開催することが出来ました。


旧作の白いオーガンジーのランジェリーガウンと手紙の作品、
新作でピンク色のドレスを展示しました。


新作はウエディングをテーマに誓いの言葉を刺繍しています。

誓いの言葉はいわゆる契約の言葉で、指輪の交換とゆう契約の儀式と共に行われています。

心の結びつきと言葉の契約の儀式により、更に強くする縛りを一人一人が誰かを愛する時に少しでも
これを読むことにより再度、結婚を決めて時の気持ちや隣にいる相手の大切さを思い出して欲しいと思い、
この言葉を刺繍しました。


『あなたは、その健やかなる時も、病める時も、喜びの時も、悲しみの時も、富める時も、貧しき時も、
これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命の限り、堅く節操を守ることを約束しますか』






















展示、わざわざ時間を作ってくれて多くの人達が見にきてくれて、とても嬉しかったです。

今はボリュームのある一角獣の刺繍の作品を作りながら、デザインやったり絵描いたりしていて、冬休みは立体をがつがつ進めていきたいです。

一角獣の刺繍もいい感じになりそうで完成が楽しみです。

今は色んな人に感謝の気持ちを忘れず、自分に厳しく初心に戻りながらやっていくのが、今の自分に必要なことだと思っています。

今年もあとわずかですが、今年は本当に色んな出会いの多い1年でした。

この展示で知り合った人達にもちょくちょく会えてる今がなんだか貴重なことに感じる。

人との繋がりを大切に、未来に繋げていけるように。


 
注文の少ない料理展
注文の少ない料理展

25名以上の作家による夏休みイベントです。
ファッションデザイナー、アーティスト、モデル、セレクトショップ、ヘアスタイリストなど沢山の人が参加しています。


日程
8月27日(水)〜31日(日)
12:00〜20:00
27日 15時〜20時
30日 オールナイト


場所
小村井駅より徒歩3分


「nusumigui」

〒131-0044
東京都墨田区文花2-6-10

http://nusumigui-himitunokiti.blogspot.jp/?m=1



「float」

〒131-0044
東京都墨田区文花2-6-3 1F

http://f-l-o-a-t.info/?p=197#more-197



「フラワーショップ花星」

〒131-0044
東京都墨田区文花1-14-2 フラワーショップ花星1F、2F



「Fumee」

〒131-0044
東京都墨田区文花1-12-10 105号

http://www.fumee.jp



展示の他に

色んな作家の物販があったり、ワークショップが開催されたり、作品のインスタレーションがあったり、

「ほぐし屋 ちゃみ♨︎」とゆうプロのマッサージ屋さんや、モデルの撮影会、

青空美容室で簡単なカットやヘアアレンジとメイク、鰻釣り、

「甘味・雑貨屋ふうりん」とゆう和菓子屋さん、お化け屋敷、

写真家による自分のポートレートを1000円にて撮影(雨天中止?)が、当日の飛び込みでもあるかもしれません。




私は、nusumiguiの横の「float」の裏のギャラリーで個展をしています。

初めての個展になります。

まさか個展になると思っていなかったので、色々不安もありましたが、搬入して空間が少しづつ素敵なものになり、自分でも満足いく空間が作れました。

是非、floatのギャラリーまで足を運んで、じかに見にきて欲しいと思いました。


在廊日27、28日18:00〜、30、31日は1日在廊しています。
出ていることもありますので、アポイント取って下さい。


私は、当日物販も少しやっています。

森の中で見つけた鉱物ピアスと、シンデレラ髪飾り、花嫁の首飾りを販売します。

土日を中心に販売します。

floatのギャラリーでは私の作った服の試着会を土日限定でやります。
ギャラリーの空間を使いながら撮影して、空間を楽しんで欲しいです。

手紙の展示もしており、そちらも参加出来ます。
ギャラリーにて詳細が書いてあります。


Twitterにて暫時情報を流しています。
ハッシュタグ
♯注文の少ない料理展

主催者、nusumiguiの山杢さんが作家達の紹介をしてくれています。

https://twitter.com/shop_nusumigui
@shop_nusumigui

明日から5日間、注文の少ない料理展はじまります。
是非お越し下さい。

 
ハート展終了しました。

ハート展無事終了しました。

オープニングパーティーの食事が豪華で、サラダやオムレツがさりげなくハートの形をしています。

パーティーは満員御礼といった感じに、色んな方にお越し頂けて本当に嬉しいです。

人の多さに圧倒されすぎて中々御越し頂いた方々とお話し出来ず申し訳なかったです。
家に帰ったら制作の終わった疲れも出て少し疲れました。




今回は、
誰も知らない森の中に、自分自身に不要なものや残しておきたい記憶を置きにいくのをコンセプトに作品を2つ展示しました。

友人や知人達に協力してもらい、

言葉の段砂利をテーマに、自分の中で改めて大切にしまっておきたい記憶や、捨てたい過去の記憶を集めました。

そして、読んでくれた人がその手紙の中の人の体験から何かを感じ取ってくれたり、自分自身と照らし合わせ、心の何かを昇華して頂けたらと思い手紙の展示をしました。

中には重い手紙もあり、読んで頂いたお客様の何人かが涙を流してくれた人がいたことが、とても貴重な体験に思います。


もう一点、
服の展示をしました。

女性の為の特攻服みたいな物が作りたいなーと考えていて今回このような形になりました。

「来世で逢えたら」

とゆう言葉と遠吠えしている狼と下向きのトナカイの刺繍を施しました。

現世や前世で憎しみあっていた人は来世で夫婦になるとゆう言葉を聞き、

色々な過去の過ちや、お互いが傷つけあって憎しみあい、疎遠になってしまった大切な人が、割と身近にもいるような気がします。

もし、あの時お互いが成熟していたり、自分の心に強さや余裕があれば、
このように縁を切らずに愛情や友情を持って繋がっていることが出来たんじゃないか?
と思い「来世で逢えたら」とゆう言葉を入れました。


「来世で逢えたら」






手紙より一部抜粋です。


ーーー
もっとちゃんと愛したかった。
もっと理解してあげて、悲しかったこと。一人ぼっちで寂しかったこと。
深い部分で沢山優しく包み込んで、幸せにしてあげたい。
2人で支えあって乗り越えていく強さが欲しいね。

大丈夫だよって、小さい頃の君に言ってあげたい。

ーーー

ーーー
彼は幼い頃、酷い怒られ方をしていて、それが原因か、自分と向き合えない人間になってしまったそうです。
私と子供を捨てた時も自分の両親が不仲で毎日のように喧嘩をし、父親は家族を顧みない人だったそうで、
自分もその顧みない気持ちが分かると言って不安で逃げていきました。

私は一人残され彼を恨み、傷つけ、それでも心のどこかで愛している気持ちがあります。

彼は両親から愛されたことがあるのか分からないと言っていました。
だから、私はもう一度愛したいと心の何処かで想っています。

心から愛して、幸せな家庭を築きあげたい。自分を信じて欲しかった。

それでも彼とはもう手の取り合えない場所にいました。

そして、私はいつか魂の巡る何処かで、彼の魂を孕んで生んで育てたいと思いました。

彼が悲しい幼少期を送らないように、その手をつないで、その成長を見守りたい。
彼が大人になっても何処かで安心して彼を見届けたり、送り出してあげたい。

彼が愛に満ちあふれた人間になってくれる手助けをしたいのが、私が神様に頼みたい強い願いでもあるのです。

ーーー


手紙の展示に関わってくれた人達には改めてお礼をしようと思っています。


そして、最終日はまーちゃんのミニライブにて幕を閉じました。
最終日でも沢山の方にお越し頂けて、連日賑わっている展示が出来たこと。
懐かしい人達も来てくれてみんなに会えて嬉しかったです。

展示で色んな方に作品を見て頂けて、一年ぶりの展示がとても収穫のある展示になったことがとても嬉しいです。
本当にGallery aでやれて、色んな人と繋がれてよかったです。

展示に関わってくれた色んな人に感謝です^^

次は8月に展示予定です。
夏休みの終わりをテーマにした作品や、人との出逢いをテーマにしたドレスなど作っていく予定です。

自分の作品に後悔と言い訳の無いつくりが出来たらと思います。

 
[ハート展]
[ハート展] 2014年7月17日(木)〜23日(水)
13時〜20時
レセプションパーティー17日(木)19:00〜21:00
最終日17:00まで

場所

Gallery a

東京都港区南青山5-4-44 ラポール南青山54 110号室

今回は手紙の展示と、刺繍を施した服の展示。
日曜日は1日在廊しています。

ーーーーー

ずっとブログの更新をしていませんでしたが、自分の制作や活動でまだ必要だとゆうことに気づきました。
作品も、どこかで沢山アップ出来るようにしていきたいです。
CRAWL vol.11「花」終了しました。
 
CRAWL vol.11「花」の展示無事に終了しました。

今年は展示の機会がとっても少ないです。

やっぱり、グループ展でもなんでも数やっていかないとダメだなー。


大人になって初めて、ストレスで体を壊しました。
今まで、肌荒れもニキビとかも全く無縁だったのに、辛かったなー。


砂漠のオアシスみたいなところ行きたいし、そんなところを求めてる気分だったので、

お腹キリキリしていてーと思いながら描きましたよー。
8月は仕事が少ないからやっと心の休息がとれました。





今回はあんまりドローイングっぽくないです。

「ニキビ面の少女」


「シロツメクサ」


「サボテンのある砂浜」


「避暑地の猫」




自分の描く絵の色が薄いせいでネットにあげると本物と全然違うね。

最近、人としての色んな人の生き方が見えてきたのはみんながみんな、学校とか仕事とか以外で、線路の上を通らないで歩いてるからなんだねー。

なんでもいいけど、人として底辺に居るって言われる場所は一体どこなんでしょ。

そして、目の前にある快楽ばっかり求めている先に幸せってあるんですかね?
家庭も顧みることも出来ないで。

愛情を与えられなかった子供は将来、人を本気で愛せるの?
その人は人から本当の意味で無償の愛をもらうことができるの?
愛情が希薄って悲しくない?

幸せって何ですかね?

夏ももう終わり。
秋になって寂しくなるけど、毎日を大切にすごしたいなー。

[告知] CRAWL vol.11「花」
 

久しぶりの更新と展示の告知

2013.8.14wen~18sun
10:00~18:00  last day~17:00

CRAWL vol.11『花』

東京都目黒区目黒2-4-36
目黒区民美術館B1F目黒区民ギャラリー

参加人数61名59組。
プロもいれば学生もいる展示です。


今年も展示に参加します。

私は水彩のイラストを何点か飾ります。
コラージュも少し。
からっとしたあっさりしたイラストを描けるようになるのが夢。

展示会場には最終日に在廊予定です。


展示が終わったら作りかけの立体を完成させて、HPを作る予定。

やりたいことが山ほどあるのに時間はないです。体力も。
色んな人からエネルギーもらって頑張る。



ガロンー9人の作家と4の答えー 終了しました。
 
今回の展示のことや作品作りのことはつい最近のことなのに余り記憶にないです。

色々あって自分の心に余裕もなく、ただ過ぎていったなって思います。



今回は、小松鮎奈さんとペアを組み『天国にいけない』とゆうテーマで作品をつくりました。



『天国にいけない』

ー悪いことや、人として善良な生き方をしないと天国にいけない。子供心は純粋で感受性も強く、罪の意識に対して敏感で莫大な想像力を働かせるー


沢山の天使達と思い出を散りばめました。



『名前のない子供』

ー名前のない子供を生み出すこと。人は名前のない子供の産まれた意味を受け取り、心に刻んで生きていくのだと思う。それは、動物の血肉を食らうことに少し似ている気がした。ー



小松鮎奈さんの作品

『nutitle』



お互い、意図せず祭壇のような祈りを捧げるものをつくっていました。
名前のない子供は小松さんの話しの中で出てきたもので、天国にいけないは、私の出したものです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



福田徹ーしらくまいくこ 『as always』


左 コンセプト/撮影 福田徹
 『He was looking at the sea』

右 コンセプト:しらくまいくこ/撮影:福田徹
 『いる場所、いた場所』




しらくまいく子

『I'm looking at the sea 』

『She was looking at the sea』※『He was looking at the sea』の関連作品

『as always』※『いる場所、いた場所」の関連作品




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



齋藤亜美ー徳永彩加ーyun sangsook 『痛み』

『拘束』




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



木澤亜唯ーあんざいこなみ 『いりそうでいらなそうなものを売る

『売りたい』




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


レセプションパーティ

・イトウユキー小松鮎奈
福田徹ーしらくまいくこ
齋藤亜美ー徳永彩加ーyun sangsook
木澤亜唯ーあんざいこなみ

以上の順から作品のトークショーをしました。


パーティでみんなでご馳走食べました。


トークショーの最後はあんざいこなみとゲストの斉藤シンタさんの音楽ライブ
会場のみんなが溶込んでました。すごくよかったです。


展示本当にあっとゆう間でした。

期間って短いし、どこまで自分が自分の作品のパートナーとしてあれるかってのも大事だと思いました。

千駄木は初めて来ましたが、檸檬の実、旅ベーグル、など料理がどこも美味しかったです。
また近くに来た時は食べ歩きしたいです。

飴細工屋さんで可愛い飴細工を買ってあげたくて買いました。



展示の次の日は秩父夜祭りに久しぶりに友達と行って、おままごとセット売ってる出店が出てて、ケーキが可愛かったので買って飾りました。


来年からは、自分と作品のあり方を見直します。
1年後は個展です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ガロン展のことが書いてあります





[告知] ガロン展ー9人の作家と4の答えー



ガロン
-9人の作家と4の答え-

11月27日(火)〜12月2日(日)
12:00〜19:00(最終日17:00まで)

レセプションパーティ 12月1日(土)17:00〜19:00

場所:KINGYO gallery


参加作家

あんざいこなみ
イトウユキ
木澤亜唯
小松鮎奈
斎藤亜美
しらくまいく子
徳永彩加
福田徹
yun sangsook


ギャラリーHP
twitter


〒113−0022
東京都文京区千駄木2−49−10

地下鉄千代田線 根津駅、千駄木駅の両駅から徒歩7分
Check